豊富な経験・実績

長年培ってきた経験と豊富な実績で、
私たちはお客様のご期待と信頼に
応えるよう全力で努力致します。

海外まで利用した
グローバルな資産戦略

日本の業法の理解だけでは、
これからの時代はより有効にキャッシュを残していくことはできません。
海外に精通したプロフェッショナルが
海外を利用した資産戦略を立案します。

大幅な数値改善

資産効率や税コスト、資金繰りに
着目し、実効性の高い経営戦略を
ご提案します。

株式会社Riseの取り組み

私たちは、会計・財務・金融という3領域について、お客様の資産の効率化と最大化を目指しています。 グローバルな視点から、資産分析並びに資産計画の策定、実行支援を通じて、お客様のビジョン達成をサポートいたします。

財務体質の強化

企業の財務体質をより強固なものにし、資産価値の向上を実現します。 財務諸表の数値改善による、資産効率と資産価値の最大化を目指します。

お問い合わせはこちら

海外金融への土台づくり

海外の金融機関や会計事務所とのつながりが豊富なため、お客様が海外金融にアクセスするための土台を作り、企業の資金効率を改善します。

お問い合わせはこちら

幅広い会計戦略

未来会計手法による利益計画の策をサポートするとともに、海外の会計スキームを柔軟に用いることで、幅広い会計戦略を立案します。

お問い合わせはこちら

相談事例

財務

  • キャッシュフローの改善をしたい
  • 事業拡大のため融資をうけたい
Riseなら...
  • 損益計算書と貸借対照表の分析をし、不必要な出費を減らし、事業のためにかけられる資金を増やし利益に繋げます。
  • 財務諸表を分析し、金融機関から必要な融資を受けられる事業計画の策定等、資金調達のサポートをいたします。

金融

  • 確実な資産運用をしたい
  • 資産の見直し、整理をしたい
Riseなら...
  • 日本から海外まで、幅広い視点から安全かつ効率の良い運用計画を立案します。
  • 適切なオフバランスの実行により、タックス計画を視野に入れた、手元資金の増加と運用をサポートします。

会計

  • 今後の利益計画を明確にしたい
  • 利益増加により、税負担が重いと感じている
Riseなら...
  • 未来会計の考え方により、企業の利益計画とキャッシュフロー予測を確実なものとします。
  • 弊社の強みであるグローバルな知識から確実な税対策のサポートを徹底します。

代表挨拶

渋谷 和比古

しぶや かずひこ

1986 年 8 月生まれ/東京都出身/A 型

■養護施設で育った幼少期 3歳から中学卒業まで養護施設で育ち
養護施設を出てすぐに仕事に就く。両親がいない中で 15 歳で社会に出るが、経済的に大変な苦労をする。
社会で生き抜くためには、社会の仕組みを理解しなければならないと強く感じ、弁護士を目指して猛勉強に励む。

■法律の分野から金融世界のプロフェショナルへ

5年間の勉強の末、金銭的理由で弁護士の夢を断念。
経済社会において知識だけではなく経済力がなければならないと、外資系金融機関へ飛び込む。
会社の歴代記録を打ち立てるも、日本だけではお客様によりよいサービスを提供できないと考え独立を選び会社設立。
海外を軸に活動し、グローバルな視点でのアドバイスが強み。

■グルーバル視点を日本のみんなに届ける

海外金融を含めた財務・会計サービスを日本のお客様に提供している。
海外投資や税金対策など、見識の深い専門性により、多くの個人・法人のクライアントから支持されている。
現在は大手企業のクライアントも多く持つ。

Message

一般に経営資源とは「ヒト」「モノ」「カネ」といわれますが、その中でも「カネ」は最も避けては通れないものだ考えています。 なぜなら、この現在社会は経済によって成り立っているからです。
すべては、お金という価値観をベースにすべてが成り立っています。 にもかかわらず、現在社会はグローバルな視点も求められる複雑なものなっています。

そのため、個人・法人の資産を最大化するためには、財務や会計知識はもちろんのこと、金融や税金、相続など幅広い知識が必要となります。
経済縮小が懸念される日本において、資産の安全性や効率性を高めるためには、これからの時代はよりグローバルな視点を持たなければなりません。
また、IT化が進むにつれて、新しいフィンテックサービスやデジタルアセットの存在が、近年目覚ましく台頭しています。
この流れは留まるどころか、今後大きく加速していくことは避けられません。
日本には、まだまだ国際的な資産サポートをする専門家が非常に少ないと感じています。

そこで重要となるのが、私たちのようによりグローバルな視点で柔軟に問題に取り組むことだと信じております。
私たちは、この変化の激しい社会の中で、グローバル視点の必要性を今後も発信し続けると同時に、お客様の資産を守り、価値を提供し続ける存在でありたい。
今後も、専門性を高め経済的側面から、お客様の成功の実現に貢献していくことが私たちの存在意義だと考えています。

代表挨拶

渋谷 和比古

しぶや かずひこ

1986 年 8 月生まれ/東京都出身/A 型

■養護施設で育った幼少期 3歳から中学卒業まで養護施設で育ち
養護施設を出てすぐに仕事に就く。両親がいない中で 15 歳で社会に出るが、経済的に大変な苦労をする。
社会で生き抜くためには、社会の仕組みを理解しなければならないと強く感じ、弁護士を目指して猛勉強に励む。

■法律の分野から金融世界のプロフェショナルへ

5年間の勉強の末、金銭的理由で弁護士の夢を断念。
経済社会において知識だけではなく経済力がなければならないと、外資系金融機関へ飛び込む。
会社の歴代記録を打ち立てるも、日本だけではお客様によりよいサービスを提供できないと考え独立を選び会社設立。
海外を軸に活動し、グローバルな視点でのアドバイスが強み。

■グルーバル視点を日本のみんなに届ける

海外金融を含めた財務・会計サービスを日本のお客様に提供している。
海外投資や税金対策など、見識の深い専門性により、多くの個人・法人のクライアントから支持されている。
現在は大手企業のクライアントも多く持つ。

Message

一般に経営資源とは「ヒト」「モノ」「カネ」といわれますが、その中でも「カネ」は最も避けては通れないものだ考えています。 なぜなら、この現在社会は経済によって成り立っているからです。
すべては、お金という価値観をベースにすべてが成り立っています。 にもかかわらず、現在社会はグローバルな視点も求められる複雑なものなっています。

そのため、個人・法人の資産を最大化するためには、財務や会計知識はもちろんのこと、金融や税金、相続など幅広い知識が必要となります。
経済縮小が懸念される日本において、資産の安全性や効率性を高めるためには、これからの時代はよりグローバルな視点を持たなければなりません。
また、IT化が進むにつれて、新しいフィンテックサービスやデジタルアセットの存在が、近年目覚ましく台頭しています。
この流れは留まるどころか、今後大きく加速していくことは避けられません。
日本には、まだまだ国際的な資産サポートをする専門家が非常に少ないと感じています。

そこで重要となるのが、私たちのようによりグローバルな視点で柔軟に問題に取り組むことだと信じております。
私たちは、この変化の激しい社会の中で、グローバル視点の必要性を今後も発信し続けると同時に、お客様の資産を守り、価値を提供し続ける存在でありたい。
今後も、専門性を高め経済的側面から、お客様の成功の実現に貢献していくことが私たちの存在意義だと考えています。

お問い合わせ

Eメールアドレス:info@rise-finance.jp
電話番号:0764-64-5636